ENTRY エントリーはこちらから

PEOPLE

社員インタビュー

大西健太
(システムエンジニア)

アーリー・バードを選んだ理由

元々四日市や名古屋で仕事をしていましたが、身につけたスキルを地元の松阪市や伊勢市などの中南勢地域で発揮し貢献したいと考えて転職活動をはじめました。
WEB制作の仕事を探していた所、アーリー・バードの求人が目に止まり応募しました。
また面接中に暮らしのお助け隊やリバーサイド茶倉など、松阪市の中でも出身地である旧飯南郡(香肌地域)における活動も紹介していただき、アーリー・バードに入社すれば大きく地域への貢献ができそうだと考えて入社しました。

担当業務について

主にWEBサイト制作を中心に、社内外の販促物のサポートを行っています。
スマホの普及が進んでおり、また三重県の交通は東京や名古屋などに比べると弱いということもあってWEBサイトやSNSを使ったインターネットでのアピールは必須だと思います。そのお手伝いをしながら、運用のサポートなどもご提案させていただいています。

仕事のやりがい

やはり、自分が関わった仕事でクライアントから成果があったと報告されると嬉しいです。
自分の仕事は材料費などの原価がなく、自分がどれだけ動いたかが価格になりますので、いつもこれで正解なのだろうかと悩む時があります。その時に成果があったと報告されると自信にも繋がりますし、一番やりがいを感じます。
また、「指示されて作って終わり」の業務ではなくしっかりと関わってクライアントと作り上げていくという工程は、アーリー・バード以前の会社ではありませんでしたので、四苦八苦しながらも頑張って良いもの作りをしています。

アーリー・バードの魅力

圧倒的に社外の人と接する機会が多くなりました。
WEB制作はウォーターフォール形式の開発も多いので、以前の職場では社外の人と接する機会は少なく、上司から指示されたことを黙々とこなすだけでした。その分、責任がなく気楽な仕事ではあるのですが、やはりやりがいを感じるのは難しく、また仕事の評価も得づらかったです。
アーリー・バードに入社してからする仕事はクライアントとの直接のやり取りが多く、生の声が聞けるのは魅力だと思います。

仕事で大切にしていること

自分はWEB制作サイトという”物”よりもWEBサイトからの集客という”事”を作りたいと思い日々制作を行っています。
デザインがよい、アニメーションがかっこいいというWEBサイトは多くあります。かっこいいものを作るだけならただ感性に任せて作ればよいですが、デザインもアニメーションも効果的に使わないと悪い方向に作用されてしまいます。理論的に考えて効果的に使う事で初めてプロが作ったWEBサイトになると思い、”事”を作ることを心がけています。

TOPに戻る

Copyright© EARLY BIRD / EB-BPL All rights reserved.